美白よりもニキビ治療を優先しよう

美白がきになっても、ニキビがあるのであれば、ニキビの治療を優先しましょう。シミやニキビ跡が気になるからといって、肌が乾燥してしまうような美白化粧品を使っても、効果は期待できません。トラブルがある肌は、肌のバリア機能が十分に働いていない状態です。肌のバリア機能の回復のために必要なことは保湿であり、乾燥を招くスキンケアは逆効果です。そのため、無理に美白効果のある化粧品を使っても、肌が乾燥してしまうのであれば意味がありません。肌トラブルは改善するどころか悪化してしまいます。乾燥は美肌を目指すのであれば、一番避けたいものです。肌にとって一番重要なのは保湿であり、他のことが気になるからといって乾燥を放置するのはよくありません。乾燥はよくない状態ですから肌を守るために皮脂分泌が活発になり、一見脂性肌に見える状態になることがあります。その状態で油断して、ニキビ治療よりも美白を優先すると肌トラブルが悪循環に陥ります。まずはキチンとしたスキンケアをして、ニキビを治してしまいましょう。そのためには、生活習慣の改善なども含めて、正しい対策が必要です。肌に刺激を与えない洗顔や保湿などを行っていくほうが肌のバリア機能回復が早まり、美白にとってもよい効果があります。